しもやけなの?手足の末端が冷たいのは他の病気かも

寒い季節に手足の指先などが赤く腫れ痛痒くなるのがしもやけですが、実は似た症状で別の病気のことがあります。ここではしもやけの原因や対策、また症状が似ているけれども違う病気であるケースについて解説します。

冬でもないのに手足がいつも冷たいのはなぜ?

女性に特に多い冷え性。冬場はもちろんのこと、夏場でも社内の冷房や、冷たいものを食べてしまいがちで体は一年中冷えっぱなしです。

 

冷え性にはいくつか種類があり、手足といった末端が冷えるタイプ、下半身が冷えるタイプ、内臓が冷えるタイプと分かれます。

 

末端冷え性は、運動不足やダイエットによる栄養不足で熱を末端まで届けることができない状態、下半身冷え性は加齢などが原因でお尻の筋肉が硬くなり血流が悪くなっている状態、内臓冷え性は冷たいものの摂り過ぎや汗かきなどが原因と言われています。

 

冬場以外でも、常に手や足が冷たいと感じる方は末端冷え性か下半身冷え性の可能性があります。

しもやけはどうしてなるの?

ではしもやけはどうしてなるのでしょうか。

一番の原因は寒い季節に冷えることが原因で抹消の血管まで血流が行き渡らず、その部分の皮膚が炎症を起こしてしまうことにあります。

また、寒い場所から暖かい部屋やお風呂に入ると血管が広がり、急に血流が良くなることで炎症部分の神経が刺激を受け痒みや痛みとして感じる為、患部を掻き崩してしもやけを悪化させるケースも多くみられます。

夏でもしもやけみたいになる

冷房の効きすぎが原因かも

しもやけの原因は冷えによる血行不良ですので、夏場であっても冷房の効きすぎた部屋に長時間いれば当然しもやけになってしまう可能性があります。特にデスクワークなどの場合は一日中座りっぱなしということが多いので、運動不足からくる血行不良も重なり注意が必要です。

自律神経の乱れが原因かも

自律神経は交感神経と副交感神経のバランスを保つ働きをしていますが、ストレスなどで自律神経が乱れると交感神経ばかりが優位に働いてしまいます。

 

交感神経は体を戦闘モードに切り替え、抹消血管を収縮させることで主に筋肉へ血液を送り込もうとするため、結果的に内臓や末端の血行が悪くなる原因となります。

 

なお自律神経を乱す原因となるストレスは精神的なものだけではありません。例えば不規則な生活、過度のダイエット、運動不足、長時間のゲームといった肉体的なストレスも十分原因となります。

大人になって出るしもやけの症状

家事をする女性に多い

女性の場合は、炊事や洗濯といった水仕事を毎日行うことが多いため、手が濡れて乾くときの気化熱により手を冷やし、しもやけを作ってしまうケースがあります。なるべくお湯を使い炊事用手袋を使用するなど対策が必要です。また、長く濡れた状態を保たないように気を付けましょう。

足に出るしもやけの症状

足の血行不良が原因

ヒールなどのかかとの高い靴を履いている場合、足首の角度はあまり曲がることなく固定され、ふくらはぎからおしりまでの筋肉も硬直した状態となっています。また前傾で体重がかかるので足先に向けて窮屈になりがちです。

 

ふくらはぎは第二の心臓を言われており、足首を動かすことで血流を作り出すため、ヒールはどうしても足の血行不良を招いてしまいます。ヒールだけでなく、ブーツも足全体を固定させてしまうため、一見暖かそうですが血行不良になりがちです。これらの血行不良は足のしもやけの原因となります。

しもやけの症状に似た他の病気を疑う

凍傷

寒冷により、皮膚や皮下組織の凍結したこと原因で細胞がダメージを負っている状態です。軽度の場合はしもやけのように痒みや痛みがあり、青紫色に腫れたりします。

全身性エリテマトーデス

膠原病の一種で指定難病の全身性エリテマトーデスの初期症状は、赤みが出て痒みを伴います。発症率は10万人に10~100人と低いですが、しもやけと間違われやすい病気の一つです。

しもやけと違い、全身に繰り返し発症するのが特徴で原因不明の全身性自己免疫疾患とされています。

全身性強皮症

全身性強皮症も全身性エリテマトーデスと同様、膠原病の一種の指定難病です。

初期症状として、寒冷刺激や精神的緊張があると突然指先が白色や紫色に変化することがあり、しもやけと間違われることがあります。

ひび、あかぎれ

冬場の乾燥などが原因で皮膚表面の水分が奪われ肌のバリア機能が低下することでひどい手荒れとなります。皮膚にひびが入ったり、赤い部分が見えるほど深く割れた状態のあかぎれとなります。

手湿疹

とくに冬場の炊事や洗濯といった水仕事で使用する洗剤が、肌の皮脂膜を取り去ってしまい肌のバリア機能が低下することでひどい手荒れを引き起こします。小さなぶつぶつや紅斑ができ、強い痒みを伴うこともあります。

モートン病

ヒールなどを履き続けていると発症することのある足の病気で、足指の間に痛みやしびれが起きます。サイズの合わない靴や衝撃を吸収できない靴を履いていると足指の神経を刺激しモートン病を引き起こす原因になると考えられています。

しもやけの場合の治療方法

お湯と水の交互に浸かる

手や足を交互にお湯と水につけ、血管の収縮と拡張を繰り返すことで抹消血管の血流が良くなりしもやけの改善や予防に効果があります。また、しもやけだけでなく足のむくみや冷え性改善にも効果的ですのでおすすめです。

ビタミンEの摂取

ビタミンEには血流を促進する効果がありますのでしもやけの予防や対策に効果的です。日頃からビタミンEの多く含まれる食品を積極的に摂取するよう心がけましょう。

 

ビタミンEは、油、ナッツ類、魚卵などに多く含まれます。比較的入手しやすく、日ごろ取り入れやすいビタミンEの含有量の多い食品を下記にリストアップしました。※()内は100gあたりmg

中でもアーモンドはビタミンEの含有量が多く、手軽に食べられるのでおすすめです。おやつ代わりに無塩のアーモンドを1日20~25粒程度取り入れると良いでしょう。

 

  • ひまわり油(38.7)
  • アーモンド(30.3)
  • サフラワー油(27.1)
  • ヘーゼルナッツ(17.8)
  • なたね油(15.2)
  • あんきも(13.8)
  • すじこ(10.6)

 

なお、ビタミンEの摂取推奨量は成人の場合15 mg (22.4 IU)とされていますが、体内で吸収量がコントロールされているため過剰摂取の危険はありません。ただし、サプリなどで高容量摂取していると血液凝固能が低下するため、切り傷などのけがを負った場合や脳内出血などを起こした際のリスクが高まるため、規定の容量を守り摂取しましょう。

しもやけ対策を心がけよう

血行を良くする

しもやけ対策は何より血行不良の改善が重要です。

普段、あまり運動をしていないという方は、筋肉が衰えて血行不良になっている可能性があります。エスカレーターではなく階段を利用したり毎日ストレッチを行うなど、軽い運動でも毎日継続することで血行不良の改善へとつながります。

またスキニーパンツなど、体を締め付ける服も血行不良の原因となりますのできつ過ぎるものは避けたほうが無難です。

体を冷やさない

冷たい飲み物や食べ物は、体の中から冷やしてしまいますので、季節を問わずできるだけ暖かい飲み物を飲むようにしましょう。なお、過剰な水分摂取は体温調節がしにくくなり冷え性の原因となりますので注意が必要です。

また、汗をかきやすい場合も体の冷える原因となりますので、放置せずこまめにふき取ることが大切です。

改善がない場合は早めの診断を受けよう

しもやけは体質や生活環境でなりやすい場合も多く、なかなか治らないまま重症化すると患部に細菌が侵入し感染の恐れが出てきます。たかがしもやけと軽く思わず、市販薬で改善が見られない場合は早めに医療機関を受診しましょう。

しもやけ症状出てるけど実は意外な病気の可能性が

しもやけの症状が出ていても、実は糖尿病や甲状腺機能の異常が発端となっている場合もあります。

大人のしもやけの場合は特に複合的な問題が絡み合っての血行不良がしもやけを引き起こしている場合があるので、日ごろの生活習慣の見直しやマッサージなどでこまめにケアしてしもやけ対策するように心がけましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です