大人もあせもはできる!痒いときの治し方はコレ

正しい大人のあせもの治し方をご存知でしょうか。あせもは子どもにできるものというイメージを持つ方も少なくないと思いますが、時には大人にもできてしまうものなのです。今回はあせもの予防策と治し方をご紹介します。

大人のあせもの治し方

肌にかゆみを伴う赤いぶつぶつができてしまってお困りの方も少なくないと思います。そのぶつぶつ、実は「あせも」かもしれません。あせもといえば子どもにできる皮膚トラブルというイメージがあるかもしれませんが、時には大人にもできてしまう皮膚トラブルなのです。

正しいあせもの治し方をチェックしておきましょう。

大人のあせもの原因

汗をかく機会が多い

あせもとは汗が流れずに皮膚の中に溜まってしまい、炎症を起こしてしまった状態のことです。

汗をかく機会が多く、皮膚に汗が溜まりがちであることが大人のあせもの原因として最も考えられます。

 

大人の汗の分泌量には運動量・肥満・更年期障害の3つが大きく関わってきます。

 

まず運動量。趣味でスポーツを楽しむ方などだと運動量が多くなり、どうしても汗の量が多くなってしまいます。スポーツウェアなどは通気性に特化したものを選ぶことがおすすめです。

 

次に肥満。肥満体型の方は皮下脂肪に阻まれ、うまく体温を体外へ放出できません。そのため体温を下げようと体が大量の汗を発してしまうのです。保冷材などの冷たいものをわきの下や首の後ろに当て、体温を下げるように心がけてみましょう。

 

最後に更年期障害。季節や気温を問わず暑さを感じ、大量の汗を流してしまうことはありませんか?その症状は「ホットフラッシュ」と呼ばれ、更年期障害にありがちな症状の1つです。通気性のいい服を着用することで症状が軽くなるので試してみてはいかがでしょうか。また、日ごろから軽めの運動を心がけ、全身からバランスよく汗を流すようにすることでも症状を軽くすることができます。

ムレによるもの

そこまで汗かきではないのにあせもができてしまう場合は、ムレが原因ではないかと考えられます。

肌が蒸れると汚れがたまり、あせもになることもあるのです。特に多いのが包帯を巻きっぱなしにしたり、絆創膏を貼りっぱなしにしたりして蒸れ、あせもができてしまうケースです。

蒸れは臭いの原因にもなるので、こまめに交換して蒸れにくくしてみましょう。

大人のあせもができてしまったら

 

見た目にもすぐ分かるほど赤くなってしまったり、かき壊して化膿したりしてしまうこともよくあります。こうならないためにも日ごろからあせもができないように注意していきたいところです。

大人のあせもの治し方

患部を冷やす

大人のあせもの治し方として最もベターなのは、まず患部を冷やすこと。患部を冷やすことで体温が下がり、かゆみの原因となるヒスタミンの分泌を抑えられます。

しかし、急激に冷やさないように注意しましょう。保冷材などで急激に冷やすとその後急激に体温が上昇してしまい、さらにかゆみを増してしまうことになります。冷やしたタオルでゆっくりと冷やすのがおすすめです。

シャワーで済ませる

あせもができてしまった場合、入浴は控えてシャワーで済ませましょう。熱い湯船に入浴してしまうと体温が上がりヒスタミンが分泌され、かゆみが増すこともあるからです。

また、シャワーの温度もぬるめに設定し、体を洗うときは患部をゴシゴシとこすりすぎないように注意しましょう。

大人のあせもに効く薬

ステロイド系

すぐにあせもを治してしまいたい場合はステロイド系の薬を塗布しましょう。ステロイド系ならば特に「フルコートf」がおすすめです。こちらは市販薬のなかでも強めのステロイドが配合されていて高い即効性があるだけでなく、軟膏タイプなので患部を外側から防護する効果もあります。

 

▼フルコートf

http://amzn.asia/8SPgGGD

非ステロイド系

ステロイド系の薬になんとなく怖いイメージをお持ちの方は非ステロイド系の薬を利用してみましょう。ステロイド系の薬より即効性はありませんが、十分にあせもを治すことができます。

非ステロイド系の薬ならば「アセモアパウダースプレー」がおすすめです。かゆみを抑えてくれるだけでなくパウダーが患部の湿りを取り除き、サラサラにしてくれます。また、スプレー式なので手が汚れにくいこともポイントです。

 

▼アセモアパウダースプレー

http://amzn.asia/ggqH7WO

 

あせもができている時に気をつけたいこと

汗ふきシートを携帯する

あせもができているときにかいた汗を放置したままにしておくと、症状が悪化してしまうこともあります。

そのため、いつでも汗を拭きとれるように汗ふきシートを携帯するようにしましょう。タオルなどでなく汗ふきシートを使用することで水分だけでなく、老廃物も拭き取ることもできます。

食事

大人のあせもは体内から治していくことも大切です。特に食事には注意しましょう。

まずは大豆や納豆といった大豆食品やピーマンやホウレン草といった緑黄色野菜、わかめやひじきなどといった海藻類を積極的に食事に取り入れてみてください。これらには汗の分泌や臭いを抑え、汗の分泌で失われた栄養を補う働きがあります。

反対に、香辛料やアルコールはできるだけ控えるようにしましょう。これらには汗の分泌を促進してしまう働きがあります。

天然素材の服を着る

あせもができているときはシルクや綿などの天然素材が100%使われた服を着るのがおすすめです。化学繊維でできた服を着用していると、摩擦によりあせもをさらに悪化させてしまうこともあります。

また、服だけでなくタオルやシーツなども天然素材が使われたものを選んでみるのもいいでしょう。

大人のあせもは治る!

不意にできてしまったあせもに不安になってしまうこともあるかもしれませんが、ここまでの大人のあせもの治し方を実践すれば、皮膚科を受診しなくても治せます

ただし、かき壊してしまいひどく化膿してしまったときなどは自己判断せずに皮膚科を受診するようにしましょう。

あせもの予防と治療で、とにかく大切なのは汗をかかないようにすることと、かいたらすぐに拭き取ること。何度もあせもに悩まされている方はこの2つを強く意識していきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です