子供が虫に刺されてひどく腫れてる!原因と対処法をお教えします

子供が虫に刺されてしまいひどい腫れができたときの対処法をご存知でしょうか。子供は大人に比べて抗体が少ないので蚊に刺されただけでも大きく腫れあがってしまうことがあります。こちらではそんな虫刺されの原因と対処法をまとめました。

子供が虫刺されでひどい腫れに…

子供が虫に刺されたところがひどい腫れになっていて驚いた経験はありませんか?ハチやアブに刺されたわけじゃないのにパンパンに腫れあがっていると、思わず大きな病気に感染してしまったのではとハラハラしてしまいますよね。

 

蚊でもひどく腫れる場合がある!

蚊アレルギーが原因

子供の場合、蚊に刺された部分がひどく腫れあがってしまうことも珍しくありません。これは蚊が体内に注入した唾液に対するアレルギー反応なのです。

なぜ子供にだけアレルギー症状が出るの?

ではなぜ大人はひどい腫れにならないのに、子供の場合はひどい腫れになってしまうのでしょうか。

それは体内の抗体が大きく関わってきます。大人の場合は子供の頃から何度も蚊に刺されているので抗体ができています。そのため蚊に刺されてもひどい腫れになることは少ないです。

しかし子供は生まれてから蚊に刺されたことが少ないので、体内に抗体がほとんどありません。そのため大人よりもひどい腫れになってしまうのです。

こんな症状が出ることも

子供が蚊に刺されてしまった場合、かゆみや腫れだけではなく他にも発熱湿疹などのアレルギー症状が出ることがあります。また、時にはリンパに痛みが出てしまうこともあります。

このなかで子供によく見られるのが発熱です。蚊に刺された箇所が多いと患部が熱を持ってしまい、体温を上昇させてしまうことがあります。

発熱してしまったら患部に保冷材などを当てて冷やすようにしましょう。保冷剤だと冷たすぎるようであれば冷やしタオルでも構いません。こまめに冷やすようにして安静にしていれば、翌日には平熱に戻るでしょう。

処置の仕方

子供の虫刺されに気づいたら、まずはすぐ流水で洗い流しましょう。患部周辺の菌を洗い流すことで、さらに腫れてしまうリスクを減らすことができます。周辺に水道が無い場合はミネラルウォーターやお茶で洗い流しても問題ありません。

次に可能であれば患部を冷やしてあげましょう。患部を冷やすことで感覚が鈍くなり、かゆみを感じにくくなります。

また、患部をかきむしらないようによく言い聞かせてください。かき壊してしまうととびひし、さらに腫れが大きくなるほか、膿ができてしまうこともあります。

市販薬はステロイド剤か抗ヒスタミン剤!

患部に市販薬を塗る場合、薬の選び方も大きなポイントです。市販薬はステロイド剤抗ヒスタミン剤を選ぶようにしましょう。

ステロイド剤は患部の炎症を抑え、ひどい腫れを短時間で解消してくれます。

炎症はあまり見られないのにかゆみがある場合は抗ヒスタミン剤を使用するのもおすすめです。こちらはかゆみを抑える効果が強く、さらにステロイド剤に比べて副作用が少ないことが特徴です。

EBウイルス感染症に要注意

蚊に刺された後の発熱やリンパの腫れや痛みが何日も続いた場合はEBウイルス感染症に感染してしまった可能性があります。

EBウイルス感染症とは蚊の唾液を媒体として人に感染する感染症です。大人の場合は抗体ができているため感染しにくいのですが、抗体が少ない子供は感染しやすくなっています。

また、発熱やリンパの腫れと痛みのほか、以下の症状が出ることがあります。

 

  • 食欲低下
  • 咽頭炎
  • 扁桃炎
  • 疲労
  • 発疹

 

これらの症状も見られた場合、すぐに病院で検査を受けるようにしてください。

蚊以外の虫に刺された場合の対処法

ハチに刺されたとき

ハチに刺されてしまったときはまず、すぐにその場から離れるようにしましょう。近くにハチの巣がある可能性もあるため、その場で処置をしているとさらに被害を受ける可能性もあります。

その場から離れるときは慌てず騒がず動いてください。慌ててしまうとハチを刺激してしまい、また刺されることもあるからです。

その場から離れたらまず、針が残っているかどうかを確認してください。もし針が残っていた場合は毛抜きやピンセットなどで慎重に取り除きましょう。毛抜きやピンセットを持ち合わせていない場合は、薄いカードなどで払うようにすると取り除くことができます。

針を取り除いたら患部の毒を絞り出しましょう。このとき、口で毒を吸い出さないように注意してください。虫歯や歯茎から毒が進入してしまう可能性があります。

毒を絞り出したら抗ヒスタミン剤やステロイド剤などの薬を塗り、できるだけすぐに病院へ向かいましょう。

ムカデに刺されたとき

ムカデに刺されたときはまず毒を絞り出してあげましょう。ムカデに刺された痛みはかなり強く、絞り出すときにもさらに痛みを感じてしまいますが、必要不可欠な処置なので必ず行いましょう。

毒を絞り出した後は患部を流水で洗い、保冷材などで冷やしてください。冷やすことで絞り出しきれなかった毒が体に回るのを防ぐことができます。

その後、痛みや腫れが収まらないようであれば病院へ向かいましょう。

一番大切なのは刺されないこと

虫よけはしっかりと!対策法は?

虫刺されによるひどい腫れの対処法を知っておくことも大切ですが、一番大切なのは虫に刺されないように対策しておくことです。

特に心がけたいのは肌を極力露出しないようにすること。虫が多い夏場はどうしても肌の露出が増えがちですが、場所によっては長袖や長ズボンを着用させてあげましょう。

また、虫は汗の臭いに反応して近寄ってくることもあるので、汗をかいたらすぐに着替えさせてあげるのも大切です。

そして、やはり虫よけスプレーも効果的です。スプレーの吸引が心配だったり、子供がスプレーの臭いを嫌がったりする場合は服に貼り付けるシールタイプの虫よけ、腕につけるリングタイプの虫よけを利用してみてはいかがでしょうか。

病院は小児科ではなく皮膚科に行きましょう

虫刺されがきっかけで病院に行くときは、小児科ではなく皮膚科を受診するようにしましょう。

小児科でも虫刺されの診察と薬の処方をしてもらえますが、皮膚科の方がより専門性の高い診察と処方をしてもらえるからです。

また、子供の頃はどうしても皮膚トラブルが多くなりがちなもの。虫刺されによるものだと思ったら他の皮膚トラブルだったということも珍しくありません。皮膚科の場合はそういった見分けのつきにくい皮膚トラブルも適切に見分けてくれます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です