接触皮膚炎ってなに?身近なところに原因がいっぱい

接触皮膚炎とはどういったものか、ご存知でしょうか。聞きなれない病気に感じますが、実は接触皮膚炎は誰にでも起こりうる、とても身近な皮膚疾患の1つなのです。今回は接触皮膚炎の症状や対処法、治療法などをご紹介します。

身近で起こる接触皮膚炎

何気なく日常を過ごすなかで不意に起こる肌のかゆみや赤み。あなたに起きたその症状、実は接触皮膚炎かもしれません。

接触皮膚炎は誰もが起こす可能性があり、見た目にも現れてしまいやすい厄介な皮膚疾患の1つです。

しかしそんな接触皮膚炎は正しい知識を持つことで予防と治療が簡単にできます。

接触皮膚炎ってなに?

いわゆる「かぶれ」のこと

接触皮膚炎とは、いわゆる「かぶれ」のことを指します。かぶれとは、何かが皮膚に触れることによって起きてしまう皮膚炎のこと。使い慣れない強力な食器用洗剤やヘアカラー剤による発症が代表的です。

 

どんな症状が出る?

かぶれによる症状は、主に以下のものが挙げられます。

 

  • かゆみが出る。
  • 皮膚が赤くなり、ほてる。
  • 腫れ上がる。
  • 膿む。

 

これらの内、特に症状として現れやすいのはかゆみと皮膚の赤みです。

原因はなに?

接触皮膚炎の原因となってしまう物は、主に刺激物や毒性を持つ物です。

身近にあるものだと、洗剤や石けんなどの刺激物が挙げられます。

また、化粧品によってかぶれが起こることもあるので化粧品を使う前は必ずパッチテストを行いましょう。

さらに、毒性を持つ植物によってもかぶれが引き起こされます。食用の植物だとセロリやアロエ、観賞用の植物だとマーガレットやダリアなどが、触れるとかぶれやすい傾向にあります。

 

接触皮膚炎は大きく分けて2種類

接触皮膚炎は刺激性接触皮膚炎(一時刺激性接触皮膚炎)と、アレルギー性接触皮膚炎の2つに分けられます。

刺激性接触皮膚炎(一時刺激性接触皮膚炎)

刺激性接触皮膚炎とは、刺激の強い物質が皮膚に触れることによって誰にでも起こりうる接触皮膚炎のことを指します。

乾燥肌などの、いわゆる敏感肌の方に起きやすい接触皮膚炎です。

アレルギー性接触皮膚炎

アレルギー性接触皮膚炎とは、物質が皮膚に触れたときにその物質にアレルギーを持つ人が起こしてしまう接触皮膚炎のことを指します。

金属アレルギーによるものや、食物アレルギーによる接触皮膚炎が代表的です。

こちらは物質そのものに刺激が無くとも、個人の体質によって起きてしまうことが特徴です。

光に照らされて発症する接触皮膚炎も?

光に照らされることによってかゆみなどの症状が現れてしまう接触皮膚炎もあることをご存知でしょうか。こちらも同様に2種類あり、光毒性接触皮膚炎光アレルギー接触皮膚炎に分けられます。

光毒性接触皮膚炎

光毒性接触皮膚炎とは、刺激のある物質に触れた肌が日光の紫外線に当たることによって起きてしまう接触皮膚炎のことです。

湿布を貼った部分がかぶれてしまいがちな方も少なくないと思いますが、実はこの症状が光毒性皮膚炎に当たります。

光アレルギー接触皮膚炎

光アレルギー接触皮膚炎は、アレルギー反応により光毒性接触皮膚炎よりも少量の光で強い炎症が起きてしまう接触皮膚炎のことを指します。

対処法・治療法は?

問題の物質を避ける

接触皮膚炎への対処法として最も適切なのは、とにかく問題の物質を避けることです。

一度かぶれを起こした経験のある洗剤や化粧品は二度と使わないようにし、別のものを使うようにしましょう。

アレルギーを持っていないのに色々な製品で接触皮膚炎が起きてしまう、という方は低刺激性の製品に切り替えてみることもおすすめです。

食器用洗剤は乳酸ナトリウムなどが配合された手肌を潤わせバリア機能を損なわないもの、化粧品はオーガニックコスメを使用してみてはいかがでしょうか。

かゆみを悪化させる行為を避ける

接触性皮膚炎が起きてしまったら、かゆみを悪化させる行為を避けることも大切です。

特に掻きむしったり、気になって触りすぎたりしてしまうと症状を悪化させてしまうこともあるので注意しましょう。

また、以下のものも症状を悪化させる原因となりうるので要注意です。

 

  • 香辛料
  • 睡眠不足
  • 多量の発汗
  • アルコールの摂取
  • ハウスダスト

抗ヒスタミン剤もしくはステロイド剤を使用する

悪化させる行為をしていないのになかなか接触皮膚炎が治らない場合は、抗ヒスタミン剤ステロイド剤を使用してみましょう。

これらは接触皮膚炎の症状を抑制させる作用がある薬品です。皮膚科で処方してもらえるほか、ドラッグストアなどで市販薬を購入することもできます。

 

しかし、副作用が出ることもあるので注意してください。

抗ヒスタミン剤は副作用として強い眠気を引き起こすこともあるので、車を運転する前出勤前・登校前は服用しないことをおすすめします。

ステロイド剤は少量の使用ならば副作用は起こりにくいとされています。しかし多量に使用してしまうと、体毛が濃くなったりニキビができやすくなったりするので注意しましょう。

皮膚のバリア機能を保つ

接触皮膚炎を起こさないためには皮膚のバリア機能を保つように心がけることも効果的です。

バリア機能を損なう原因として最も考えられるのは肌の乾燥です。洗顔や入浴の後は化粧水乳液ボディバターなどで保湿してあげましょう。

また、紫外線によってもバリア機能が損なわれるので季節に関係なく紫外線を対策することも大切です。こまめに日焼け止めを塗ったり、日傘やUVカットカーテンなどのUVカットグッズを使用したりしてみてはいかがでしょうか。

清潔にする

肌を清潔に保つことも接触皮膚炎の対策になります。皮膚が不潔な状態だと刺激に対して、皮膚がより強く反応してしまうからです。

しかし、あまりにゴシゴシと力強く洗顔をしたり日に何度も体を洗ったりしてしまうとかえってバリア機能を損ねてしまうこともあるので注意しましょう。

早期治療が大切です

どんな病気にも言えることですが、接触皮膚炎は早期治療することが大切です。

接触皮膚炎が起きても気にせずに放置してしまい、症状が悪化してしまうと、治療しても肌に傷が残ってしまうことも珍しくありません。

日ごろから接触皮膚炎を予防し、発症してしまったらすぐに今回紹介した対処法や治療法を試したり、医師に相談したりすることをおすすめします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です