ハイドロキノンクリームの厳選6つ!リアルな「美白効果・期間」を暴露

シミと言えば「ハイドロキノン」。そんなハイドロキノンは一体どれくらいシミが薄くなるの?本当に効果のあるおすすめのクリームは?と、これからハイドロキノンに挑戦する人は疑問がたくさんありますよね。

この記事では具体的に「ハイドロキノンを実際に使った効果」「ハイドロキノンクリームの選び方」「おすすめのハイドロキノンクリーム」をご紹介します。

ハイドロキノンの正しい知識をつけて、シミの悩みから抜け出しましょう!

買う前に知るべき!ハイドロキノンの美白作用

シミを消し効果を期待するならハイドロキノン、と言われるほど話題の成分。しかし、他の成分との違いを知らない人が多いのも事実。なぜハイドロキノンでシミが薄くなるのか?を今一度おさらいしましょう。

メラニン色素の生成を抑える

シミの元になるメラニン色素は、「チロシナーゼ」という酵素が、メラニンを作る細胞「メラノサイト」を活性化させることで生成されます。

ハイドロキノンは、このチロシナーゼの働きを抑えてくれるため、メラニンの過剰生成を防ぎ、シミになることを防いでくれるんです。

また、メラニンが作られる場所「メラノサイト」自体を減らす働きもあるため、シミをできにくくしてくれる効果も。

酸化したメラニンを元に戻す

シミはメラニン色素が酸化した状態ですが、ハイドロキノンは、その酸化を元に戻す「還元作用」を持っているため、シミを薄くしてくれます。

主に「漂白効果」がある、と言われているのはこちらの作用のことで、シミが薄くなるという夢のような成分です!

—————————ハイドロキノンで改善できるシミ—————————

・紫外線でできたシミ

・擦りなどの色素沈着でできたシミ

・ホルモンバランスでできたシミ(肝斑)

・色素沈着した茶色いニキビ跡

・そばかす

—————————————————————————————————

主に色素沈着系のシミには効果がありますが、以下の症状には効かないないので要注意!

————————–ハイドロキノンで改善できないシミ—————————

  ・凸凹のニキビ跡

  ・赤みのあるニキビ跡

  ・ほくろ

  ・黒いイボ

  ・青ぐま

—————————————————————————————————

赤みのあるニキビ跡は色素沈着になる可能性もありますが、予防としてハイドロキノンを使うのもNGです。
先に商品を知りたい人はこちら

ハイドロキノンでシミはどのくらい薄くなる?

ハイドロキノンの美白作用がわかっっても、「実際どれくらい薄くなるの?」「本当に消える?」というリアルな効果は気になりますよね。

そこで、編集部でシミ悩みのあるAさんにハイドロキノンの実力を測るべく実際に6ヶ月間使用してもらいました!

まず最初にAさんのステータスをお伝えしますね。

——————————————————————–

・目元の直径5mmほどのシミが気になる

・そばかすか肝斑かわからないが、頬にうっすらと広範囲のシミがある

・敏感肌寄りの乾燥肌

——————————————————————–

Aさんに使用してもらったのは、ビーグレンのホワイトクリーム1.9ですが、6ヶ月使用で以下のような変化が見られました。

※個人差はあります

Aさん『ハイドロキノンでシミ消し効果があるというのは嘘ではなさそうです。期間や期待できる効果はもちろん個人差がありますが、他の代表的な美白成分よりも目に見えて違いがありましたね。』

…個人差はもちろんあるものの、薄くはなっているみたいです。

使用するときは、4ヶ月は使い続けましょう。最初の1〜2ヶ月で効果を実感する人もいますが、しばらく使っていくと「あまり消えてないかも?」とマンネリを感じやすくなりますが、少し我慢して4〜6ヶ月は使用してみてください。

Aさん『私のように、写真を撮って最初と比較するのがおすすめですよ』

効果のあるハイドロキノンクリームを知りたい人は以下をCHECK!

→編集部イチオシ!おすすめのハイドロキノンクリーム4選

ハイドロキノンクリームの選び方

今までのハイドロキノンは「刺激が強い」「浸透性が低い」「酸化しやすい」という化粧品として扱うには難しい成分でした。しかし、2001年に日本でハイドロキノンが化粧品として販売できるようになってから改善が進んでいます。と言っても、間違った選び方をすると肌に悪影響を及ぼしかねません。

そこで「肌への刺激を考慮しつつ効果が期待できる」ハイドロキノンクリームの選び方を解説します!

目的・肌質にあう「濃度」を選ぶ

ハイドロキノンクリームは効果があると言われているからこそ、目的に合わせた濃度選びが大切です。目的はシミの種類や濃さに加え、肌質も確認することが大切です。

 

目的(シミの種類) 肌質 濃度
薄いシミ・広範囲に使う 敏感肌・乾燥肌 1~2%
薄いシミに使う 乾燥肌・普通肌 2~3%
濃いシミに使う 普通肌 4%
濃いシミに使う 混合肌・脂性肌 4~5%

 

「安定性」が高いものを選ぶ

ハイドロキノンの「安定性」を高める工夫がされているものを選ぶ事で、「浸透率をあげる」「肌に長時間留まらせる」「酸化による肌負担を減らす」ことができます。

安定性の高いという基準はメーカーによって違うので、

・ハイドロキノンがカプセルで覆われているもの(安定性ハイドロキノン)

・1ヵ月で使いきれる量のもの*

を基準に選びましょう。

 

*スポット用は5g、顔全体用は15g~30gが目安

編集部イチオシ!おすすめのハイドロキノンクリーム

安定性が高く、浸透性に優れたもので、効果を実感したハイドロキノンクリームだけを厳選しました。あなたのシミタイプ、肌質に合わせて選んでみてくださいね!

 

日本で販売されているハイドロキノンクリームはそもそも商品数が多くありません。その中で、美容皮膚科のクリームを除いた6商品を比較しました!

商品名 総合点 効果 即効性 安定性
ビーグレン ★★★★☆
サンソリット ★★★☆☆
KISO ★★★☆☆
プラスキレイ ★★★☆☆
セルピュア ★★☆☆☆
アンプルール ★★☆☆☆

 

QuSomeホワイトクリーム1.9(ビーグレン)

ハイドロキノン濃度 1.9%(4%に匹敵)
即効性 ★★★★☆
安定性・浸透性 ★★★★☆

 

最先端の浸透テクノロジー「QuSome(キューソーム)」により、低刺激ながら浸透スピードUPを叶え、効果は普通のハイドロキノンの約4%に匹敵すると言われているクリーム。厚生労働省の認可商品で安全性も高く、顔全体に使うことができます。

ベタつきが苦手な人も使いやすい滑らかなテクスチャなのも嬉しいポイント。

肌に馴染みやすく、安定した状態で肌内部に長時間留まってくれるので、複数ある頑固なシミを薄くしたい人におすすめです。

———————————————-

ブランド・メーカー:ビーグレン

値段:6,480円/15g

使える場所:顔全体

———————————————-

ホワイトクリーム1.9の口コミ

・使用して1ヶ月ほどですが、毎日続けたおかげか、シミ周りが明るくなってきました。いつものスキンケアに少し塗るだけで良いのが嬉しいです。(38才/乾燥肌)

・伸びの良いクリームなので、ベタつきがなく使いやすいです。特に気になる香りもありませんでした!3本目をリピートしてますが、しみ周りがボケてきたので、このまま消えて行くのが楽しみです。(44才/普通肌)

・アトピー持ちで色素沈着が気になっていましたが、色ムラが改善されて肌がパッと明るくなった気がします。(29才/アトピー肌)

ホワイトクリーム1.9を6ヶ月使用した結果

編集部のAさんがビーグレンホワイトクリーム1.9の実力を検証すべく、6ヶ月間使用しました!Aさんには写真と一緒にブログを書いてもらいました。

テクスチャ:少量で伸びがよく、ベタつきは少なかったです。

香り:ほぼ無臭です。

量:少なく感じますが、少量で良いので1ヶ月ちょっと持ちました。

Aさんのブログをそのまま載せますね!(Aさんから許可は取っています)

————————————————————————————————————————

〜1週間:

今まで使っていたビタミンC誘導体の美容液の代わりにビーグレンのホワイトクリーム1.9を。(初ハイドロキノン!)

これといった効果は実感していないけど、美容液効果かな?乾燥肌でも気にならないくらい、もはや保湿美容液として使えるんじゃないかな、というくらいの良い使い心地。

敏感肌だからちょっと赤みは出たけど、かゆくもないし痛くもなかった。

〜1ヶ月:

ハイドロキノンでシミが消える…っていう噂で使ってみて、本当かなと思いつつ使ってみたけど…劇的な変化はないものの、一番濃いシミの周りが少し薄くなったような気がする。コンシーラーで隠す範囲が狭くなったのが今一番嬉しい!

〜2ヶ月:

1ヶ月目に感じてた、シミ周りが薄くなるのは全然嘘じゃなかったかも。シミのサイズを測り始めて、5mmから確実に収まるようになった。

〜3ヶ月:

一番大きかった5mmのシミが3ヶ月目にして4.4mmに。肌の調子も変わらないし、シミの周りからボケてくる感じではあるけど、小さくなっているのは確か!あと色も気持ち薄くなったかな?

〜4ヶ月:

大きさは4.2mmと4.3mmの間。マンネリ期かな?でも肌の異常なくここまで効くのはすごい。ハイドロキノンを始める前の写真と比べたらそばかすくらいの薄さになってた!

〜5ヶ月:

順調に…ってわけにはいかないのかな。最初に比べると小さくなって薄くはなっているものの、そんなに変わらないかも。でも先月よりは小さくなってるかなぁ。この間久しぶりに友達に会って美容の話になった時に「それ、ほくろ?」って聞かれた!しみだけど、そう言ってもらえるのはやっぱり嬉しい。

〜6ヶ月:

ハイドロキノンって波があるの?それとも、私の肌状態?5ヶ月使ったより、6ヶ月目のが効果が分かる気がする。濃い茶色だったのが薄い茶色になってる。色素薄い人のそばかすくらいに。消えるまでどれくらいかかるかはわからないけど、薄くなるからメイクが本当に楽!

————————————————————————————————————————

【濃いシミを集中ケア】ハイドロキノンクリーム

ホワイトHQクリーム(サンソリット)

ハイドロキノン濃度 4%
即効性 ★★★★☆
安定性・浸透性 ★★★☆☆

特殊な処方により、濃度は4%のまま酸化しにくく品質キープを叶えたハイドロキノンクリーム。

皮膚の生まれ変わりを促進するピーリング作用成分も含まれているので、効率よくシミへとアプローチしてくれます。アルコールなどが配合されていないマイルド処方で顔全体に使えるため、くすみや広範囲の薄いシミに悩む人におすすめです。

ホワイトHQクリームの口コミ

・ハイドロキノンの濃度が高いからか、塗ると赤みが出てきました。ただ、頬の大きなシミが薄くなってきました。

・伸びの良いクリームで、どちらかというと美容液のような感じ。プッシュ式なので出しすぎないのが使いやすいです。少し匂いがきになるけど、1ヶ月使って少しずつ効果が出てきた気がします。

・あまり肌が強くないのですが、気になる濃いシミがあったので購入しました。やはり私には強すぎたのか、赤くなってしばらく引かなかったので残念ですが使用を中止しました。

———————————————-

ブランド・メーカー:サンソリット

値段:7,560円/30g

使える場所:顔全体

———————————————-

【そばかす・薄いシミ】ハイドロキノンクリーム2選

ハイドロクリームSHQ-5(KISO)

ハイドロキノン濃度 5%
即効性 ★★★☆☆
安定性・浸透性 ★★★★☆

「安定性ハイドロキノン」と高保湿成分の「リピジュア」、抗炎症成分を配合した、高保湿・低刺激ながら、肌内部での持続性が高いクリーム。2%、5%、10%と濃度が分かれていますが、純粋なハイドロキノンの濃度ではないので実際は1/3から1/2の濃度と考えてください。

少しベタつきのある軟膏系のテクスチャなので夜のみのケアがベター。即効性を求めたり濃いシミに使うよりも、薄いシミや低刺激を求める人におすすめです。

ハイドロクリームSHQ-5の口コミ

・色素沈着したニキビ跡に使ってます。顎と口周りに数個ありましたが、2ヶ月目になって少し薄くなってきたような気がします!

・小さい頃から気になってたそばかす用に買いました。まだ消えてはいませんが、少しずつ薄くなっているかも?ハイドロキノン配合だけど刺激はありませんでした。

・こっくりとしたクリームです。でも塗り始めはカサカサしました。しばらく使ってるとカサカサしなくなったので好転反応だったんだと思います。敏感肌なので炎症が心配だったのですが、赤みもかゆみもありませんでした。

———————————————-

ブランド・メーカー:KISO

値段:1,980円/10g

使える場所:スポット

———————————————-

プラスナノHQクリーム(プラスキレイ)

 

ハイドロキノン濃度 4%
即効性 ★★★☆☆
安定性・浸透性 ★★★☆☆

ハイドロキノン配合化粧品の中では高濃度と言われる4%に加え、肌のバリア機能をサポートするセラミドが含まれた、日々のスキンケアを兼ねて使えるクリーム。

1本5gという少量に加え、超抗酸化成分のアスタキサンチンが配合されているので酸化を徹底的に抑えた設計になっています。

スポット用なので長期的に濃いシミを消したい人におすすめ。

プラスナノHQクリームの口コミ

・伸びが良くて美容液のような感じなので、塗りやすいです。でも量が少なく、1本だけではまだ効果を実感できていません。もう1本使ってみて様子を見る予定です。

・両ほほに広がる肝斑に使用。赤みは少し出ますが、特に刺激もなく使えています(今は赤みは出ません!)。2ヶ月経って少しずつ薄くなっている気がします。

・5gって少ないなぁ…と思っていましたが、目の周りのシミとニキビ跡3つを集中的に塗って1ヶ月は持ちました。あまり無駄遣いをしたくないので、少量塗った後にラップをしてます。この効果かはわかりませんが、前よりコンシーラーを塗らなくなりました!

———————————————-

ブランド・メーカー:プラスキレイ

値段:3,240/5g

使える場所:スポット

———————————————-

市販の人気ハイドロキノンクリーム2選

どうしても店頭で試したい市販派におすすめのハイドロキノンクリームをご紹介します。

市販品の中でもおすすめなのは取り扱いのある薬局やデパートで買える2種類です。

————————————————————————–

Q:薬局でお手頃なハイドロキノンクリームは買えないの?

A:基本的には売られていません。市販で買えるのは今の所デパートで、店舗によっては売られていない場合もあります。薬局は取り扱いブランド

————————————————————————–

オバジHQブライトニングナイトセラム(オバジ)

 

ハイドロキノン濃度 非公開
即効性 ★★☆☆☆
安定性・浸透性 ★★★★☆

製薬会社が研究を重ねて作り上げたハイドロキノン美容液。美容液ですが、クリームのように肌を覆うので、夜にケアをしても翌日にかけてハイドロキノンの浸透をサポートしてくれます。ベタつきが苦手だけど保湿も欲しい、という人にはもってこい。

安定性のテストでは、1日経っても酸化しない結果が出ており、安心して使えるものになっています。

オバジHQブライトニングナイトセラムの口コミ

・最初はサンプルをもらってパッチテストをして異常がなかったら購入できるシステムでした。遺伝のそばかすに使おうと娘と一緒にサンプルを使ったのですが、私は大丈夫だったものの、娘は赤みと腫れが出て来てしまい、今は現品を私だけ使っています。

・使い始めて1ヶ月ですが、緩やかな効果です。目の横の大きなシミが少し薄くなったような…?化粧品なので3ヶ月は使ってみようと思います。

・美容液なので使った後はもちもちになります。私は特に刺激を感じませんでした!濃いしみには時間がかかりそうですが、肝斑には少し効いてる気がします。

———————————————-

ブランド・メーカー:ロート製薬

値段:9,720円/10g

使える場所:スポット

———————————————-

HQレーザークリア(エスピテーム)

ハイドロキノン濃度 非公開
即効性 ★★☆☆☆
安定性・浸透性 ★★★★☆

オバジと同じくロート製薬のブランド「エスピテーム」から出ているハイドロキノン美容液。テクスチャは少しこってりなので好みは分かれますが、気になるシミに塗りやすいもの担っています。

ハイドロキノンの他に3つの保湿成分が配合されており、肌を潤しながらシミケアをしたい人におすすめ。

HQレーザークリアの口コミ

・口周りのニキビ跡の薄いシミは2ヶ月ちょっとで薄くなりました!半年使っていますが、もともとあった濃いシミはまだ消えません…値段が高いのでレーザーに切り替えるか迷っています。

・柑橘系の香りなので好みが分かれるかも。使い心地はさらっとしているけど刺激はないので効果に期待です。

・濃いシミより、色素沈着やくすみに悩む人におすすめかも。量が少ないので全体には使えないのが残念。ちなみに脚の内側の色素沈着には効きました!

———————————————-

ブランド・メーカー:ロート製薬

値段:1,4040円/10g

使える場所:スポット

———————————————-

ハイドロキノンクリームは副作用に注意

ハイドロキノンは、他の美白成分より優れている部分が多い反面、刺激が強い成分なので、いくら安定性が優れた化粧品でも副作用には注意しなければいけません。中には一度なってしまうと取り返しがつかなくなるものも…。ハイドロキノンの購入を迷っている人は一読してくださいね!

赤み・かゆみ

赤みとかゆみが同時に現れる場合は副作用です。そのまま使い続けると皮膚が弱くなり、少しの刺激でも反応し症状が悪化する可能性も。赤みとかゆみが出た場合は、冷やす・保湿する、などのケアをしましょう。

ただし、赤みだけの場合は好転反応の場合があります。

—————————————————-

Q:好転反応との見分け方は?

A:ハイドロキノンを使用すると、2-3日は赤みが続く「好転反応」が見られます。この好転反応は、2-3日で収まり、かゆみはあまり出ません。かゆみがなく赤いままで4日目以降も続く場合は副作用なので、使用を中止してください。

—————————————————-

かぶれ・皮むけ

「赤みとかゆみ」両方が出ている状態を好転反応と勘違いをし、使い続けると「かぶれ・皮むけ」を起こすことも。1週間使用して、ヒリヒリ感などが治らない場合は使用を中止してください。

白斑

部分的にメラノサイトが無くなり、肌色よりもさらに白くまだらに色抜けをしてしまう症状。ハイドロキノンクリームの長期使用や濃度の高すぎるものを使用すると白斑の可能性があると言われています。

5%のハイドロキノンクリームで、白斑症状の報告はないのですが、一度色が抜けると一生治らないので要注意です。2013年の白斑事件もあったので油断はできません!

効果実感!ハイドロキノンクリームの使い方

ハイドロキノンは刺激の強い成分なので副作用も懸念されがちですが、正しい使い方をすれば副作用を防ぎ、シミへアプロ^ちすることができます。

ここではハイドロキノンクリームの「正しい使い方」を解説します!

パッチテストを行う

ハイドロキノンは、人によって合う / 合わないが別れる成分なので、必ずパッチテストを行いましょう。合わずに使ってしまった場合、症状から元に戻すのが難しくなってしまいます。

—————————–パッチテストの方法——————————–

①体の目立たない場所に、ハイドロキノンクリームを塗り、絆創膏を貼る

②12〜24時間後、かゆみ・赤み・かぶれが出ていないか確認する

 (心配な人は2箇所で行い、2つ目を48時間後に確認しましょう)

—————————————————————————————-

もし、パッチテストで以下の症状が出たら、そのハイドロキノンクリームの使用は控えてください。

・赤み+かゆみ

・痛み

これらの症状が出た場合には、使用中止と念入りな保湿を行いましょう。もともと肌が弱い人は皮膚科の受診をおすすめします。

適正量をスキンケアの最後に塗る

パッチテストで問題のなかった人は、ハイドロキノンクリームの指定量を使用してください。必要以上に塗ると肌に負担をかけてしまい、効果実感までの効果が遅れる場合があります。

以下のスキンケアの流れ使用してくださいね。

  ———————————————————

   ①化粧水→美容液→乳液の順に塗る

   ②最後にハイドロキノンクリームを塗る

  ———————————————————

ハイドロキノンクリーム使用中の注意点3つ

ハイドロキノンクリームは塗り方だけでなく、使用期間中の注意点を知っておく必要があります。これらを実践しないと、効果が出ないばかりか、肌に負担をかけたり痛める恐れがあります。

紫外線対策を行う

ハイドロキノンには光毒性(ひかりどくせい)という、紫外線を浴びると過剰に肌が反応してしまう特性があるので紫外線対策がマストです。

紫外線対策としてまず挙げられるのは「日焼け止め」。日焼け止めは目的に合わせたものを使うと同時に「紫外線散乱剤」のものを選びましょう。

—————————-目的に合わせたSPF/PAの選び方—————————–

・日常生活の対策:SPF10〜20/PA++〜

・短時間の屋外活動:SPF20〜30/PA++〜

・長時間の屋外活動:SPF30〜50/PA+++〜

—————————————————————————————————-

メラニンが過剰生成されることを避ける

「こする」「洗顔時のゴシゴシ洗い」「クレンジングでこする」などは、ハイドロキノンで過敏になっている皮膚で、メラニンを生成しやすくなります。

ハイドロキノンクリームを使用していれば、メラニンが生成されないのでは?と思うかもしれませんが、過敏状態のうちは逆に皮膚を守ろうとメラニンが生成されやすくなるので気をつけましょう。

酸化したクリームは使わない

ハイドロキノンが酸化すると、ベンゾキノンという肌に強いダメージを与える成分へ変化してしまいます。赤みに加え、炎症まで起こる可能性があるので注意が必要です。

ハイドロキノンクリーム(化粧品)は、安定性が高まったと言えど、元々は酸化しやすい成分なので、ハイドロキノンクリームが茶色になった場合は残りがあっても使用を中止しましょう。

酸化を遅らせるためには、冷暗所での保管がマスト。

【シミ消し対決】市販と皮膚科処方とレーザーの違いは?

シミを消すと言うと、ハイドロキノンクリーム(化粧品)の他に、美容皮膚科もありますよね。客観的に見て、どの効果が一番コスパが良く効果が高いのでしょうか?

ここではそんな疑問を解消すべく、効果や費用を徹底比較しました!

効果 副作用 治療期間 安全性 併用する治療方法 効果実感までの値段
市販のハイドロキノンクリーム ★★★★☆ 赤み、かゆみなど 6ヶ月〜 ★★★★☆ 2万~4万円
皮膚科処方のハイドロキノンクリーム ★★★★☆ 赤み、かゆみ、皮向けなど 3ヶ月〜 ★★★★☆ トレチノイン

or

ピーリング剤

2万〜5万円
シミ消しレーザー ★★★★☆ 炎症性色素沈着 1~5回 ★★★☆☆ 5千~10万円

 

期間と値段によって選ぶ基準は変わりますが、効果はいずれも大きな違いはありません。

美容皮膚科でのハイドロキノン治療は、院によってクリームの値段が違うことと、違う治療を一緒に勧められることがあります。また、肌のことを考え休止期間があるので、効果を実感しても実際の治療期間は5ヶ月以上になることも。

レーザーはシミの濃さや大きさによって値段が大幅に違うのがネック。治療後のダウンタイムや痛みの少ないものを選ぶと治療が複数回になるケースもあります。またせっかく憎いシミが消えても火傷による色素沈着が起こって再治療…ということも。

家でいつものケアに少しプラスしながら、大きな副作用もなくシミを薄くするなら市販のハイドロキノンクリームが「効果」「値段」「安全性」の面でバランスよくシミ治療ができます!

→編集部イチオシ!おすすめのハイドロキノンクリーム4選

ハイドロキノンをもっと知ろう!Q&Aで疑問解消

ハイドロキノンクリームをいざ買おう!と思っても、調べているとあれもこれもと疑問が湧いてくるもの。そんな疑問をここでは解消します!

よくある質問や、商品を買う前のサポートとなる項目を集めてみました。

ハイドロキノンと他の美白成分の違いは?

ハイドロキノンの効果の期待度が高いことはわかったけれど、他の美白成分との具体的な違いは?という人のためにまとめてみました。

成分名 美白作用の種類 即効性 低刺激性
ハイドロキノン チロシナーゼ抑制

還元

★★★★☆ ★★☆☆☆
ビタミンC誘導体 還元 ★★★☆☆ ★★★☆☆
アルブチン チロシナーゼ抑制 ★★☆☆☆ ★★★★☆
4MSK チロシナーゼ抑制

メラニン排出

★★★☆☆ ★★★☆☆
コウジ酸 チロシナーゼ抑制 ★★☆☆☆ ★★★★☆
プラセンタエキス メラニン排出

メラニンの黒化防止

★☆☆☆☆ ★★★★☆
カミツレエキス チロシナーゼへの司令塔抑制 ★☆☆☆☆ ★★★★☆

ハイドロキノンはクリームと美容液どちらが効く?

基本的に違いはないので、今使っているスキンケアラインで決めると良いかもしれません。

ただし美容皮膚科でも”クリーム”が処方されるように、ハイドロキノンはクリームが主流なので、今保湿材としてクリームを使っている人はそのクリームをハイドロキノンに変えてみても良いと思います!

また、気になるシミの範囲で使い分けてみるのも良いですよ。

気になる部分が多い人 クリーム
気になる部分が少ない人 美容液

海外のハイドロキノンは安全で効果が高いって本当?

海外と日本では、法律や決まりが違うので、一概に「安全」「効果が高い」とは言い切れません。海外のものは濃度が高いものが多く、海外に比べて肌の弱い日本人には合わない…ということも。そのため、編集部では個人輸入のお店から買うことは推奨していません。

ハイドロキノンクリームは手作りできる?

通販にあるハイドロキノンの粉末を他の材料と混ぜることで手作りすることは出来ます。

しかし、成分自体が非常に酸化しやすく、安定性の悪い成分であることから、編集部ではハイドロキノンクリームの手作りはあまりおすすめしません。

日持ちを考えると、トライアルの値段と、手作りの費用はさほど変わりないので、「試してみる」という意味でもトライアルの購入をおすすめします。

ハイドロキノンでコンシーラーいらずの肌へ!

ハイドロキノンクリームは嬉しい効果がある反面、副作用にも十分注意したい成分です。

シミの症状や肌質に合ったクリームを選び、コンシーラーの重ね塗りをしなくても良いすっぴん美人を叶えましょう!

もう一度おすすめのハイドロキノンクリームを見たい方は以下からCHECKしてくださいね。

→編集部イチオシ!おすすめのハイドロキノンクリーム4選


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です